大学概略


広東外語外貿大学は広東省立重点大学として国際化なる特色を鮮明に有するハイレベルの大学であり、中国華南地区における国際的人材育成、対外貿易また国際戦略研究の重要なる基地です。現在において在学中の全日制学部生は20454人、博士、修士コース院生は、2000人あまり、その上、生涯教育4年制学生、短大生、進修生、研修生、また留学生など13000人ほどあります。

 

歴史的概観

広東外語外貿大学は、前身とする広州外国語大学と広州対外貿易大学からなります。広州外国語大学は1965年に設立され、国家教育部に直属する三大著名なる外国語大学の一つとしてよく知られていたのに対し、広州対外貿易大学は1980年に設立され、もと中国対外経済貿易部(現在では商務部)に直属する大学として中国の国際経済及び貿易の学科の創始大学の一つです。1995年6月、両学校の合併により広東外語外貿大学は再編成され、さらに2008年10月広東財務経済職業学院が広州外国語大学に吸収された経緯となります。

 

キャンパ

広東外語外貿大学は、中国の歴史文化都市と、華南地区経済中心地である広州に位置しています。三つのキャンパスを持ち、総面積は2290ム(中国の1ムは6.667アールに相当します)です。そのうち、北キャンパスは白雲山の北の麓にあり、敷面積は939ム、南キャンパスは広州大学城にあり、敷面積は1095ム、大朗キャンパスは大朗にあり、敷面積は256ムです。三つのキャンパスともは、川が流れ、木々が生い茂り、鳥がさえすり花が香り、美しい環境と新鮮な空気に恵まれているため、豊かな知識と感性を磨くには最適な環境です。

 

専任教師

学校が設立して以来、梁宗岱、桂詩春、李筱菊など有名な学術の大家は、ここに集まり、教鞭を取りながら、学問を進めてきて、学校に多くの精神文化財を貢献してきました。現在の専任教師は1173人で、その内、教授、准教授の割合は48.3%に達し、修士以上の学位を持つ教師の割合は86.4%に達しています。国務院学位委員会学科審議委員は1名、教育部専業教学指導委員会委員は12名、国務院政府特別手当をもらう教師は6名、「新世紀百千万人材工程」の国家レベル入選者は1名、教育部「新世紀優秀人材応援計画」に入選した教師は6名、国家レベルの教師の大家は1名、広東省レベルの教師の大家は6名、広東省「珠江学者」の特別招聘教授は60名、広東省「千百十工程」の養成メンバーである教師は30名、「雲山学者」は9名です。その他、100数名の客員教授と60名の外国人専門家を招聘しています。

 

学科概要

21の教育組織と独立学院(南国商学院)を1つ設置しています。学部には文学、経済学、管理学、法学、工学、理学、教育学、芸術学という8つの学科、56の専攻が置かれています。そのうち国家レベル特別専攻が8つ、省レベル著名専攻が8つあります。14の外国語専攻があり、華南地域でもっとも言語専攻が多い大学です。
  1981年から修士号、1986年から博士号の授与権を有し、院生制度が再起動してまもなく授与権を承認された機構の1つです。国家レベル重要学科が1つ、省レベル重要学科が6つ、博士後ステーションが1つ、第一級学科博士コースが1つ、第二級学科博士コースが7つ、第一級学科修士コースが10、第二級学科修士コースが32、専門学位修士コースが5つあります。

 

人材養成
「道徳心、実行力、中華才、洋才」という学訓を持ち、グローバル化した国民の育成を目指す本学は専攻教育と外国語教育の統合を推進すると同時に、国際的視野を有し、国際的ルールに精通し、国際提携や競争に参与できる「二高」(高い思考力、高い専門レベル)、「二強」(強い異文化交流力、強い革新力)の国際化した人材の養成に取り組んでいます。
国連にエリート通訳を送る19の大学の一つ、「アジアキャンパスプログラム」に入選された唯一の大学です。教育コンサルティング会社MyCosのデータでは、2008-2011年において、本学卒業生の就職力指数と給料は中国大学(985校と211校も含む)ランキングで上位になっています。2010年の学部生、修士の就職率はそれぞれ99.02%と98.45%に上り,上位の座を守りました。学生募集の地域枠はホンコン、マカオ、台湾を入れての20以上の省、自治区、直轄市にわたり、どのエリアにおいても国家重点大学として募集しています。

 

科学研究
本学は国家教育部普通大学人文社会科学重要研究基地――外国言語学および応用言語研究センターを有しております;広東普通大学人文社会科学重要研究基地――外国文学文化研究センター、国際経済貿易研究センター、翻訳通訳研究センター、広東ビジネス研究センターを有しております;広州市人文社会科学重要研究基地――広州国際ビジネスセンターを有しております。それから、本校では、広東国際戦略研究院と国際アウトソーシングサービス研究院が設けられています。本校が発行されている「現代外国語」、「国際経済貿易探索」、「広東外語外貿大学学報」、「戦略策定研究」などはすべて全国著名学術刊行物となっています。

国際協力
本学は全面的な国際教育協力と交流に力を入れてまいりました。今まで、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、カナダ、オーストラリア、日本、ロシア、マレーシア、インドネシア、タイ、ベトナム、韓国、チリ、キューバ、メキシコ及び香港、澳門、台湾など32カ国と地域の190以上の大学と学術文化機構の間で協力、交流関係を結ばれています。それに海外で三つの孔子学院を開設しました、日本札幌大学孔子学院、ロシアウラル大学孔子学院、ペルーサンタマリアカトリック大学の孔子学院です。

 

施設設備
本学は、教育研究の施設設備が整備・充実しており、中国国内の同じ類型の大学をリードしています。インターネットと情報基盤の活用が重視されていて、目下、省レベルの重点実験室2、省レベルの教育模範センター4、実験室の延べ床面積52000平方メートルあります。北・南キャンパスの図書館は延べ床面積50000平方メートルあり、中国・海外の図書232万冊、中国・海外の電子図書170万冊、中国・海外の新聞・雑誌3114種、中国・海外のデータベース80個所蔵しています。更に、16ヶ国語の図書の購入、編目、流通及び検索において、デジタル化管理を実現しました。現在、資産の総額は約25億元となっております。

 

将来への展望
本学は「全人教育、卓越追求」という教育理念をもって、「多元、鋭敏、優雅」の学校文化を培い、内包発展を堅持し、改革・革新を加速し、国際化戦略に取り組み、教師国際化、学生国際化、研究国際化および管理国際化を実現しようと努めており、特色鮮明、品質精緻、社会に尊重され、国民に認められる高水準大学を目指しております。